伝える人じゃなく伝わる人を選んでしまう。
カテゴリー:Blog
投稿日時:2018年10月22日

image

2015年8月11日のブログ。

今までの経験からか

頑張りますとすごく言う人より
頑張ってくれそうだなと思う人を

何でもやりますと言う人よりも
ちゃんとやってくれそうな人を

出来ますという人より
出来そうだなと思う人に
お願いすることが多い。

昔は頑張ります、何でもやります、
出来ますという言葉でアピールして
くれはる人の方にお願いしていたが

いろいろ経て、

どんな人でも頑張ってないように
見える人はいても、

頑張ってない人は
いないかもしれない。

自覚症状あるかないかは別として。

私にはどれがよくてどれがよくないか
なんてわからないし正解はわからない。

私の少ない経験でヨガを仕事にする人は、
練習してます、ヨガ好きとたくさん
必要以上にいう必要はないんだなと。

それは当たり前のことだから。

見たら練習してるかしてないかは、
伝わってくるし、ヨガ好きなのか
仕事を広げたいだけなのか含め
伝わってくるし。

多少の感情の波はあっても
練習や気持ちが安定していること
気持ちや練習など含め
何かに対して想いが過ぎてないこと。

過ぎてると、いい時はいいが、
反対の時は苦しみになるから。

あと縁がある人。

私も反対から頼んで頂いたり
選んで頂いたり縁がありやらせて
頂いたりする時、どうゆう基準で
選んで下さったのかとフト考える。

私が勝手に思っている理由では
ないかもしれないけど。

こうゆう理由で選んでくれたら
そのことに応えたいなと。

気持ちはいつもそう思ってたり。

もちろん
結果は思い通りの時もあれば
そうでない時もある。

最近同じこと書いてるが。

ヨガに関しては伝える人でなく
伝わる人になりたいなと。

後20年続けられたら、今より伝わる人に
なれてるかな。

love,mana

小林愛HP http://manaha.yoga/
ツィッター http://twitter.com/lovemananet
リトリート告知&開催報告  ハートセラピーブログ

ページトップへ