伝わらなくても届かなくても、いいんだと思う。
カテゴリー:Blog, 心のヨガ
投稿日時:2017年4月9日

DSC_4338

気持ちが届かなくても

伝えたいことが
ちゃんと伝わらなくても

ベスト尽くしたらそれでいい。

それぞれの気持ちがあったり
捉え方があったり

好みや希望がある。

幼い頃、
親にちゃんと自分の
気持ちが伝わらなく

わかってもらえなくて

すごく頑張って伝えようするのが
無意識に残っていたのか

大人になってもわかってほしい
気持ちが強かったようなきがする。

それがヨガを職業とし始めて
クラスをやりだし伝えるということが
増えてきた10年前にその想いが
強く出ていた時期があり
コミニケーションうまくいかなかったな
今振り返ると思う。

想いが多いときほど

自分が思っていることと
違う風に捉えられたり、
わかってもらえなかったり

そうゆう時期、

ネットなどで
知らない人などにまで

中傷をメールでいただいたりした
時期があったりで苦しかったころもある。

そのときは、いつかわかってもらえると
必死で何を伝えようとしていたけれど、

今はそんなにする必要ないのだと。

そうしたら、
中傷されることがどんどん減り
(中傷されているのかもしれないが私の
耳には入らなく届かなくなった)

それでいて、そんなに伝えようとしていなく
まんま喋りたいことを喋って行動している時の方が、

わかってくれる方がいてくれるようになった
気がして、そんなに伝えるということに
頑張らなくていいんだということがわかってから
ほんとうに気がつけば周りにいてくれる方もすこし変わった。

(喋りたいからとかテーマあると必死に喋ってますが、
 昔となんかが違う。説明しづらいけれど)

一生懸命伝えて伝わらないのは
それは伝え方が悪いわけでも
それを受け取る方が悪いわけでもない。

そして受け取る人には伝わらないのではなく
その人に今必要なことでないという
場合の方が多いというのも。
(相手にも思考やいろんな感情や好みもある)

この人にこれは伝えたいとか
それは私のエゴ。

人はちゃんと自分が必要な時に

こちらが頑張らなくても

気がつくもの。

伝えようとしなくてもいいのだ。

ちゃんと自分がしっていることを
必要な人にだけ届けばいいと
一生懸命シェアすれば。

自分が自分のやることを
楽しんでやっていればいいのだと。

力を入れすぎず、偏りすぎず、極端になりすぎず、
愛しすぎず、愛されすぎないように。

なんか冷めた考えかた、それ寂しいとか
捉えられて言われるかもしれないけれど

そうすることで
中は熱さが深く続き全部の感情が巡る。

大切になる。

極端な考えや行動は、
熱くすぐなるけれど(すごく変わったように
思うが冷めるの(戻るの早い)

じわじわ。。

その方が私は
ゆっくり呼吸できて、

いい時も悪い時も、

その時にある
幸せをちゃんと見れるようになると。

人生やっぱり短いと言え、長いよ。

いろんな時期ある。

一時期的な人間関係や感情や健康や仕事運を
重視した生き方も悪くないけれど私は違う幸せを選ぶ。

いろんな時期あるよ。

今だけ見ていたら、
見えないものが多すぎる。

愛も寂しさも
喜びも悲しみも
愛おしさも怒りも

すべていい。

それでも毎日の中で
一番多い感情が自然に愛だったり
愛おしさだったりしたら、感謝しよう。

love,mana

小林愛HP http://manaha.yoga/
ツィッター http://twitter.com/lovemananet
ヨガリトリート告知&開催報告 http://manaha.yoga/retreat.html

ページトップへ