映画 ミセスノイズィ 泣けたよ〜
カテゴリー:Blog
投稿日時:2021年6月4日

06803652-EBAC-4CE6-A88A-076741830701

めっちゃ泣いた。切なくやさしい映画だった。主役の作家の女性の役柄が苦手なタイプだったが(女優さんではなく)自分のことしか見えなくなるんだろうな、スランプだと特に。いろんな角度から見たらいろんな真実がある。

ミセス・ノイズィ Mrs.Noisy | 公式サイト
http://mrsnoisy-movie.com

小説家であり、母親でもある主人公・吉岡真紀。スランプ中の彼女の前に、ある日突如立ちはだかったのは、隣の住人・若田美和子による、けたたましい騒音、そして嫌がらせの数々だった。それは日に日に激しくなり、真紀のストレスは溜まる一方。執筆は一向に進まず、おかげで家族ともギクシャクし、心の平穏を奪われていく。そんな日々が続く中、真紀は、美和子を小説のネタに書く。

今月は、一部の映画館でまだ観れるそうだが
(今やっているところの情報のラインがバックアップ取らないで携帯機種変えた為、全部消えちゃって分からなくて、、田端の映画館しかわからず、、告知の意味ないが、来月からスタートする動画配信観てみて欲しいな)

私が観に行ったのは
田端の映画館

https://chupki.jpn.org/

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター
たくさんの人々の募金によって、日本一小さくて、日本一やさしい映画館が、2016年9月1日。東京都北区田端にOPENしました!

日本一小さい映画館だったのか笑
今気がつく。。確かに小さかったから
少しびっくりしたが、ゆっくり観れて味のある映画館でした!

ページトップへ